山梨大学内科専門研修プログラム

プログラム統括責任者 ご挨拶

第二内科 久木山清貴 教授

山梨大学内科専門研修プログラムのホームページにようこそ。

プログラム統括責任者の久木山です。本学の内科専門研修プログラムは以下に述べるような特徴を有し、本学のみならず県内外の多くの連携施設において研鑽を積むようなシステムになっております。皆さんのキャリア形成を積極的に支援いたしますので、内科を志す多くの若い先生に当院へお越しいただき、充実した内科研修を行っていただけることを願っています。

  • 山梨県内において唯一内科系subspecialtyのすべての領域をカバーしている山梨大学医学部附属病院を基幹施設としているため、症例の多様性に富み、希少疾患を経験する機会にも恵まれています。また本プログラムは県内最多の指導医数を有し、充実した指導体制を構築しています。それらの結果として、最低年限での専門医取得が容易になることが期待されます。
  • Subspecialty重点コースを提供しており、内科系subspecialty領域の専門研修を2年ないし1年間オーバーラップさせているため、内科系subspecialty領域の専門医の早期取得が期待できます。さらに、内科系subspecialtyのほぼすべての領域の認定教育施設となっているため、内科専門医取得後の選択肢が大きく広がっています。
  • 本プログラムは大学病院を基幹施設としているため、臨床研究や基礎研究などのリサーチマインドの涵養に関して極めて秀でた指導体制を提供することができます。リサーチマインドは内科専門医に求められる重要な資質の1つであり、本プログラムを遂行することによって十分にそれは習得可能となります。

基幹施設研修委員長 ご挨拶

第三内科 北村健一郎 教授

山梨大学内科専門研修プログラムのホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。私は、基幹施設である山梨大学医学部附属病院 研修委員長の北村です。本プログラムでは、第一内科、第二内科、第三内科、神経内科、血液内科からそれぞれ選出されたメンバーで構成される研修委員会において、専攻医の方々が充実した研修生活を送り、早期に内科専門医やサブスペシャルティ領域の専門医が取得できるよう、全力でサポートさせていただきます。ローテーションや経験症例数などで困ったことがあれば、可能な限りの配慮と支援をさせていただき、連携施設とのスムーズな橋渡しを心掛けたいと考えております。皆さんと一緒に本学のプログラムをより良いものにしていきたいと思っておりますので、多くの皆さんの応募をお待ちしております。